フロアコーティングをしているかどうか

賃貸マンションなどを借りる時には、フローリングをよくチェックすることです。

特に重要であるのが、フロアコーティングをしているのかどうかです。



フロアコーティングがしてあるとしても、上手く出来ているかも確認するべきです。


意外と重要な要素であり、まず見栄えに影響があります。

更に傷が付きかどうかにも関係してきますから、賃貸であれば特に注意が必要であるわけです。

自分の家でもフローリングがあるならば、フロアコーティングはしておいた方が良いです。

傷が付きにくくなる、と言うこともありますし、人を呼ぶ時などに恥ずかしい思いをしないで済みます。


輝いているフローリングと言うのは非常に格好が良いからです。

また、フロアコーティングとはフローリングのみならず、コンクリートの床にも有効です。
ビルなどではよくありますが、床がコンクリートの場合、どうしても滑らかさがないです。

別にコーティングをしたからといって、滑るわけではないですが、コンクリート独特の無骨感がなくなります。



滑らかで光沢も出ますから、コーティングをすることはコンクリートの床でも必須と言えます。



但し、木材の床とコンクリートの床では使うべき材料が違います。


ワックスだとしても種類が色々とあります。


業者に頼めば問題ないですが、自力でやろうとするならば、床の材質に合うかどうかは確認してから、コーティングをすることです。

ネットでもよいですし、ホームセンターでも良いですが、まずは床との相性を調べることです。